想定外の出費もアリ!?車検時に支払う各種の費用

車検価格の中で予想が立てやすい法定費用

業者に車検を任せる場合、その車検価格の内訳の一つとして法定費用が挙げられます。法定費用はあらかじめいくら掛かるのか決まっているため分かりやすいですね。法定費用は主に、車両の重量税や自賠責保険、また書類を作成する際の印紙代が含まれます。車検時の法定費用は軽自動車が一番安い傾向にあり、維持コストの負担が少ないのが特徴的です。一方で車の重量が大きくなるにつれて、車検時に支払う法定費用の価格も上がります。

整備士による点検費用が掛かる車検

整備士に車検のための点検を行ってもらうと、点検費用の支払いが発生します。ユーザー車検の方法を選択した場合には点検に伴う費用は節約できるものの、万が一にも車が故障する可能性について考えると、車検時に整備のプロに点検してもらった方が安心でしょう。プロの整備士なら素人が見逃しがちな些細な問題も見落としがなく、トラブルを防いでくれますね。事故が起こって被る損害を考慮すれば、車検時に支払う検査の費用は価値があります。

追加整備で費用負担が大きくなる可能性に注意

車検時に車を点検してもらうと、交換しなければならない消耗部品や故障の個所が見つかるかもしれません。車検時に問題が見つかった場合には、追加整備の費用が別途掛かりますね。基本的な整備内容であるオイルやフィルターなどの交換に加えて、走行距離が伸びるごとにコストのかかる整備内容も行わなければなりません。車検を受けた時に別途整備が必要なケースに備えて、あらかじめ用意する車検の予算は余裕があった方が安心でしょう。

車検はお金がかかるのでついつい安いところでやりがちですが、やはり安全面を考えるとディーラーの勧める正規の場所で行うのがよいでしょう。